社会人ってどんなスキルを磨けばいいの?社会人基礎力を考えてみた。

スキルアップビジネススキル

あなたの会社で求めているのは、どんな人材ですか?基礎学力が高い人?または、専門的なスキルや知識を身につけている人でしょうか?

しかし、いくら専門スキルが高い人材であっても、指示がないとなかなか行動してくれなかったり、身勝手な行動で報告・連絡・相談ができない一匹狼タイプだったり、いわゆる「社会人基礎力」が低いと、組織がベストを尽くす阻害要因となってしまうことも多々あります。

社会人の重要な要素である「社会人基礎力」ですが、なんとなくイメージはあるものの漠然としていて、どのように指導したら良いのか分からないという管理職や人事担当の方もいるのではないでしょうか。

今回は「社会人基礎力」とは一体どんな要素を指し、どのように鍛えていったらよいかを見ていきます。

実は「社会人基礎力」は定義されている

「社会人基礎力」の内容は、実は経済産業省が2006年に「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として提唱しています。

そして、その中身は「3つの能力」と、それを構成する「12の要素」で構成されています。

まず、3つの能力とは

・前に踏み出す力(アクション)
→一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

・考え抜く力(シンキング)
→疑問を持ち、考え抜く力

・チームで働く力(チームワーク)
→多様な人々とともに、目標に向けて協力する力

そして、これらを構成する「12の要素」が下記になります。

3つの能力 能力要素 内容
前に踏み出す力
(アクション)
主体性 物事に進んで取り組む力
働きかけ力 他人に働きかけ巻き込む力
実行力 目的を設定し確実に行動する力
考え抜く力
(シンキング)
課題発見力 現状を分析し目的や課題を明らかにする力
計画力 課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
創造力 新しい価値を生み出す力
チームで働く力
(チームワーク)
発信力 自分の意見をわかりやすく伝える力
傾聴力 相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性 意見の違いや立場の違いを理解する力
状況把握力 自分と周囲の人々や物事との関係を理解する力
規律性 社会のルールや人との約束を守る力
ストレスコントロール力 ストレスの発生源に対応する力

それでは、ここからは各要素をどのように鍛えていったらよいかを見ていきます。

前に踏み出す力(アクション)

・主体性

これが12要素の中でも一番大切な要素で、採用時に重視している企業が多いのではないでしょうか。

この主体性を伸ばすにはまず自信を与える必要があります。小さな課題でも「自分でできた」という経験を重ねていくことで、徐々に自分で動いても良い、自分で答えを導いても良いという主体性が生まれてきます。

例えば、部下や後輩が試行錯誤して出した結果に対して、間違いがあったとしても「それではダメだ」と全否定せず、達成できたポイントを認めることも忘れないように気を付けましょう。

・働きかけ力

他人に働きかける、働きかけられる環境を提供することが大切です。

学生時代であればアルバイトやボランティアなどで経験を積むことができますが、仕事の中では部署を横断的に渡る組織へ入れたり、勉強会等を開いたりしてチームワークを高めていきます。最初はランチや飲み会などの場を提供していくのも良いでしょう。

・実行力 

単に行動をさせれば良いというものではありません。

これは本人のスキルよりちょっと高めの目標を設定してあげることが大切です。目標があれば、そのためにどのように取り組んで、どのようにクリアしていくかを自分自身で考えるようになります。あまり高すぎると挫折して、結果的に逆効果になってしまうので注意が必要です。

考え抜く力(シンキング)

・課題発見力

仕事をしていく上で課題を発見して、それを解決するのは基本です。

会議体の中で積極的に考え、発言してもらう場をしっかりと提供します。経験がないとなかなか解決法が思いつかないかもしれませんが、出てきた課題に対して間違っていたとしても、否定的な意見を伝えるのではなく別の人とどのような点が異なっているのか考えさせるようにしましょう。

・計画力

作業を行う上でまず「段取り」を意識させることが有用です。

単純に「いつまでにアップさせて」とするのではなく、何をいつ、どれくらいの時間で作業をするかを見積もらせ、最終的に振り返りを行い、その見積もりが正しかったかを検証していきます。徐々に慣れてきたら少し高めの目標を設定して、効率よく仕事をすることを訓練していきます。

・創造力

なかなかすぐには鍛えられない要素の一つです。

経験や知識を増やすことで鍛えられると言ってしまえばそこまでですが、まずは日々いろいろな事にアンテナを張って自身の経験としていってもらうことが大切です。ある程度の経験と知識量が得られたら「デザイン思考」を取り入れて創造していくことで新しいものが生まれやすくなるかもしれません。

チームで働く力(チームワーク)

・発信力

人に聞いてもらったり、読んでもらったりして相手にどれくらい伝わっているかは分かりにくいものです。

まずは発言内容が伝わったかどうかをフィードバックしてあげることが必要です。また、普段の業務の中ではメールでのやり取りに対して、伝わる順番で内容が書かれているか、受け手にちゃんと伝えたい情報が伝わっているかを確認し、フィードバックしてあげましょう。

・傾聴力

聴くことの大切さを意識させることが大切です。

例えば、メモを使用してはいけないグループワークを実施する方法などがあります。目指すべきイメージとしては対談番組やニュース等に出てくるインタビューワーが良い例です。相槌のタイミングや、人の話を聞いて意見をどのように相手から出させているかを参考にしてもらうのも良いでしょう。

・柔軟性

仕事に慣れてくると、自分のルールができて凝り固まってしまいがちです。

そうして柔軟性がなくなる前に、今まで業務では関わりの少なかった人と接点をもって一緒にプロジェクトを進めたり、異なる環境で仕事を進めたりするなどして、良い意味での刺激や考え方の違いを体感させるのが良いでしょう。なお、費用と時間はかかりますが、海外へ行って異国の文化に触れるのも有効な手段のひとつと言えます。

・状況把握力

業務に集中することは悪くありませんが、周りへの気配りも必要です。

チームやグループの中で、まずは自分の置かれている立場を明確にしてあげます。最初は何かに集中して取り組ませるのではなく、周りのメンバーのフォローを積極的に行わせます。周囲の状況が判断できるようになると、自分の強みや特長も分かってくるので自分の力がどこで発揮できるかが明確になり、主体的に動けるようになってきます。

・規律性

チームで規律性が欠けてくるとそのチームはうまく回らなくなります。

社会人である以上、約束や期日、ルールは守らなくてはいけません。しかし、あまりガチガチにルールを守っていては何もできなくなってしまいます。まずは本人が起こした行動がどのような結果を招いたかをしっかりと振り返る機会を与えましょう。

・ストレスコントロール力

仕事をする中でストレスはどうしても避けては通れないものです。

そんなストレスを必死に耐える力という訳ではなく、ストレスを感じる場面があってもポジティブに捉え、どう対応していくか、どう乗り越えていくかを考えさせます。指導側は個人の性格によって感じ方が異なるので注意が必要です。

まとめ

人には強み弱みがあるように、社会人基礎力の12要素すべてが完璧にできている人はベテラン社員でもなかなかいません。新入社員、若手社員であればなおさらです。まずは強みとなる要素を活かし、弱い部分は日々向上できるように意識させていく必要があります。

また、これらの要素は研修だけで身につくものではありません。実践のなかで身についていくことがほとんどです。また、身についても継続的に行っていかないとなかなか定着はしていきません。研修と実践を繰り返し、時間をかけて徐々に身につけていく必要がありそうです。

参考:

 

 

この記事を書いた人

Cloud Campusコラム編集部